kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

「インスンはきれいだ」第16話 (最終回) :: 2010/01/12(Tue)


グンス、やっぱり逃げたのか・・・と思ったら、取立て屋に刺された。
(いつも追っかけてきて殴るだけの取立て屋だったけど・・・)

インスン、これはつらいね。
自分の過去は自分で消化して立ち直ることが出来るけど、
大切な人に与えた痛みは、なかなか忘れることが出来ない。

私はすべてを忘れて立ち直った。
私にとっては もう過ぎたことなのに こんなにあなたを苦しめていたのね。
今までずっとつらかったでしょう

結局、グンスが一番悲惨だったということですね。
もっと早く言うことができたら、立ち直るきっかけもつかめただろうに、
むしろインスンが立ち直ってしまったことで、
真実を自分ひとりで抱え込んで生きなくてはならなくなった。

いえ、生きていくことが出来なくなってしまった・・・

サンウもなんで逃がしたのよ~
捕まえてあげた方が救われたのに・・・


インスンはサンドイッチ店を開店して、あっという間に1年。

結局サンウは一人でアメリカへ行ったということだけど、
ドラマではすぐ帰ってきた感じ(笑)

グンス一人が悲惨な終わり方でした・・・
このドラマ、グンスの視点で続編があったら面白そうです。



スポンサーサイト

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. インスンはきれいだ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「インスンはきれいだ」第15話 :: 2010/01/12(Tue)

突然サンウにアメリカ行きの辞令。
なぜここで?
もしかして二人でアメリカに移住して終わり?

このドラマ、7話くらいまでは展開が早くて先も読めなくて面白かったけど、
その後は、わかりきった話になってしまった。
もう14話で終わってよかったような気がするんですけどね。

さて、
ソニョンはインスン復帰のために、被害者遺族とインスンが一緒にテレビに出ることを企画。
でもそのために遺族にお金を渡して非難される。
まあ、それだけはやっちゃいけないことよね。

でも、母の価値観は芸能界で有名になること人気者になることだけだから、
いくら言ってもわからないだろうね。
こういう人は誰かが付きっきりで管理しないといけないのかも。

でもインスンは記者会見で母をかばって、引退を宣言。
サンウとも仲直り。

そこで、突然、グンス衝撃の告白

グンスのキャラがどうしても掴めないと思ってたけど、そういうことだったのか~
あ~、驚いた。
それは読めなかったけど、なにか意味があるんだろうか??
要するに「インスンは無実でした」で終わりたいということなのかな。

あと1話、何があるのかと思ってたけど、なるほど・・・



テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. インスンはきれいだ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「インスンはきれいだ」第14話 :: 2010/01/12(Tue)

遺族の書き込みを読んでも、インスンの気持ちは複雑。

私はあの家族をずっと恨んでた。
当時は言い分さえ聞いてくれなかったのに急に許すだなんて

そりゃ、インスンの立場からしたら勝手な家族に思えるよね。
インスンが有名になったから、自分たちの立場をよくするために言ってるんじゃないかとか
疑いたくなるでしょう・・・
こういう場合、被害者家族へのバッシングも起こるだろうから。

遺族の書き込みでインスンへの同情が集まり、俄然元気を取り戻したソニョン。
母は、ぜんぜん懲りてない~
あいかわらずタレント復帰のことしか考えてないのね。

ジョンアとグンスはずっと逃避行中だったけど、グンスはジョンアを置いて去った。
インスンにジョンアの居場所だけ知らせて。

ジョンアはグンスが思いつめていて自殺でもしそうだと心配する。
やっぱりグンスはわからない。裏でやばいことでもしてるのか?

サンウ母は、今度は息子の部屋でインスンの写真を見つける。
母はジェウンを呼び出して話を聞くけど、ジェウンはここぞをインスンを非難。卑怯なやつ。
母はそれで息子を勘当。
気持ちはわかるけど、この場合、父親が別れるのが道理だよね。
いや、付き合ってるわけじゃないんだけど・・・(笑)

ソニョンと事務所スタッフ?はインスン復帰支援チームを作って、復帰プログラム作り。
女優の母の世間知らずと、世間の勝手さに振り回されて苦しむインスン。

また、あの駅のホームに戻ってしまった・・・
もしかしてまた飛び込むのか・・・

さあ、ここでサンウの勘が試されると思ったら、ちゃんとホームに来たわね(^o^)



テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. インスンはきれいだ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「インスンはきれいだ」第13話 :: 2010/01/12(Tue)

無断で会見するソニョンもひどいけど、女優さんの思考なら仕方ない気もする。
むしろ、そういうことを相談する人がいないことが問題よね。
芸能界と一般社会と両方知ってる人のアドバイスがないことがかわいそう。

せっかくいい雰囲気だったインスンとサンウ。
でもインスンは、ショックを受けて、その場から逃げ出した。

サンウはインスンを探して、取材で使った隠れ家に連れて行く。
逃げるなよ
でも、こういうときは絶対逃げるのよ。

まともに目を見れないほど輝いていた
彼女にはずいぶん勇気をもらったし
おかげで成長できたと思う
一緒にいるとなぜな優しくなれる
不思議な力の持ち主だ

必死にインスンを励ますサンウ。

暴露?記者会見をしたことで非難されていたソニョン。
でもサンウ父はインスン母を「記者会見は上出来でしたよ」と励ましていた。
似てる父息子かも・・・

ジョンアはグンスと逃亡中。ジョンアは今のところ気楽だから、本当に楽しそう。
でも、この二人、会うと食べてばっかりのような(笑)

そんな時に、ネットの掲示板に被害者の姉の書き込みがあった。

それは、被害者となった妹がインスンをいじめていたこと、
事件自体は不幸な事故だったこと、
しかし被害者の両親はインスンの言い分をまったく聞かず、
結果としてインスンがすべての責任を負ってしまったこと、
今はインスンを応援してることなどが書かれていた。


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. インスンはきれいだ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「インスンはきれいだ」第12話 :: 2010/01/12(Tue)

その頃、ネットではインスンが服役していたといううわさが広がっていた。
ソニョンは噂の出どころとして、あの叔母を疑っていたけど、そんな人じゃないでしょう。
同級生がいっぱいいるんだから隠せないよね。

ソニョンは叔母さんのところに抗議に行くけど、もちろん叔母が秘密をばらすはずがない。
でもそこで、事件の時にお金がなくて示談にできなかったとか、
本当は不慮の事故だったとか、インスンは被害者の子にいじめられてたという話を聞く。

そこでソニョンが考えた起死回生の一手は、
すべてを公表し、無実の罪であることを訴え世間の同情を引くこと!!

思い切った手段だけど、もし本当にタレントを続けるなら、そうするしかないかも。
週刊誌なんかに、すっぱ抜かれるよりはマシ。
さらにソニョンは被害者家族を買収することまで言い出す。

でも当然インスンは過去をマスコミに公表することは出来ないから、
タレント業はやめると言う。

インスンは過去を公表するという母を非難するけど、
芸能人としてはふつうの考え方だと思う。
物を売るんじゃなくて、イメージを売るような仕事だものね。

でももちろんインスンの考えは違うから、衝突するのも必然なんだけど。

インスンはソ先生に会って仕事をやめてやり直すことを伝える。
サンウにも、いつか自分に自信が持てるようになったら会いましょうと
別れを告げたつもりだったけど、10年でも100年でも待つというサンウ。

お前はいつでも特別な存在だった

高校生の初デートみたいなキスシーンがいいわ~

あ~、でもそこで衝撃の展開が~~
母が無断で記者会見開いて、インスンの過去を公表した!



  1. インスンはきれいだ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「インスンはきれいだ」第11話 :: 2010/01/12(Tue)

サンウが事故に遭ったと聞いて、病院へ駆けつけたインスンだったけど、
そこにはすでにジェウンとジンテが。
外から見守っていたけど、ジェウンに見つかった。
慌ててごまかすインスン。

なんと、ソニョンはお金に困っていたらしい。
優雅に暮らしてるから裕福なんだと思ってたわ。
仕事もなくてお金もないなんて、そんなに追い詰められていたのね。
インスンを売り出したのも単に話題になりたいだけかと思ってたけど、お金のため?
インスンの仕事も、今度は順調みたいですね。

グンスがソニョンを脅迫したと聞いて、インスンはグンスにお金を渡した。
そしてこれ以上母さんを苦しめないでと頼む。
グンスも本気で脅迫したわけじゃなかったのね。でもお金は必要だったと(笑)

グンスは、姉貴といると自分が悪い人間に思えるって言うけど、
苦しんでいるインスンに、さらに心配かけてるからかな。

ジョンアもハープを売ってお金を作ってグンスに渡そうとしたけど、
もうインスンから貰っているから断った。
でもジョンアは、そのまま付いて行っちゃった。

ジェウンは、インスンをライバルだと思ってるから、しきりにけん制。
でも高校時代の話をされて慌てるインスン。
たしかにこのままだと、いつかはばれるよね。

ソニョンは苦しい心をサンウ父に相談。
それを見てしまったサンウ母は夫が浮気してると思ってショックを受ける。
ファンクラブ会長がタレントと会っているだけでは?(笑)

インスンが姿を消したと聞いて、子供の頃に過ごした家をたずねたサンウ。
つらい想い出もあるけれど、インスンとの想い出もある町なんですね。

  1. インスンはきれいだ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「インスンはきれいだ」第9話 :: 2010/01/12(Tue)

8話は録画失敗でパスorz

急に人気者になって怖気づいていたインスンだったけど、
サンウに劣等感を指摘されたからなのか、タレント業にやる気を出す。

これからは母さんの言うとおりにするというインスンに、
それを聞いてうれしそうな母。
急に変わったんだから、ふつうの母親なら「何があったの?」って聞くと思うけど~

あの女子アナ・ジェウンは、インスンのことを一時的に騒がれているだけだから、
世間が飽きたら終わるというようなことを言って、サンウに言い過ぎだって怒られてたけど、
まあ、言ってることは正しい。

サンウも、そのことは心配してるんですよね。
インスン本人にも、何がしたい?お前が利用されるのを見てられない、と言ってます。

ソ先生にも浮かれていると説教されて、怒ってしまったインスン。
インスンも自分がやってることが不安だから、先生に認めて欲しかったんでしょうね。

ジェウンは本格的に宣戦布告?
自分の番組にゲストで出演したインスンにいやがらせをしたらしい。

その失敗でインスンも落ち込んでいたけど、
でも逆にジェウンのいじわるが批判されて、インスンに司会の仕事が舞い込む。

サンウ父はソニョンを呼び出してプレゼントを渡してた。
ソニョンも期待して来たから、いただけませんわ~なんて言ってたけど、
貰ってびっくり。プレゼントって、たい焼きだった(笑)

でもその"たい焼き"はサンウ父にとって、救いの象徴だったんですね。
今はその救いがソニョンだといってファンクラブまで作った話をします。

その頃、サンウも、カナダからインスンに手紙を書いていたころを思い出してた・・・

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. インスンはきれいだ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「インスンはきれいだ」第7話 :: 2010/01/12(Tue)


ラジオの次はテレビの討論番組。素人なのにハードル高いよね。
インスンはタレントの真似ごとはやめたいと言うけど、
母、ぜんぜん聞いてない(笑)

「私にも条件のいい仕事が舞い込んできてる。あなたのおかげよ」
というのが本音なんだろうね。
スタッフを増やす話や取材の話で、もう夢中です。
インスンも屋根裏から引っ越し。まあ、取材来るからね。

それを見てちょっと寂しそうなジョンア。
今まではインスンのおかげで母の干渉がなくなってよかったと言ってたけど、
まったく関心持ってもらえないもの寂しいみたいね。
でもそんなことより、ジョンアの心はグンスに向ってるみたい。

ジョンアからグンスが借金で困っていると聞いて会いにいったインスン。
心配していろいろ言ったけど、「俺の人生を台無しにしたくせに」と言われて言葉を失う。

肝心のテレビ出演は生放送の時間切れで、名前を言っただけ終わった。
あれは製作側のミスよね。
サンウも抗議しろと言ったし、ソニョンも抗議したと言ってたけど、
でもそれでまた人気が出た。

ブレイクとか、ブームってこういうことなんだろうね。
もちろん逆もあるから怖いけど。

サンウ父はソニョンと家の改装の打ち合わせ。
あのオレンジのシャツで登場。ぜんぜん気付いてもらえないけど(笑)
サンウ一家は、やっぱり事業に失敗してカナダまで夜逃げしたということでした。

サンウはどうやら自分の気持ちがわかったみたいで、インスンを呼び出してプレゼントを
渡そうとするけど、そこでウンスクからソ先生が事故で入院という知らせ。
でも本当は腐ったものを食べて食中毒になったんだそうだ・・・


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. インスンはきれいだ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。