kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国ドラマ「上流社会」 :: 2017/02/14(Tue)

イ・ジイが好きかどうかで評価が分かれるドラマかもしれない。

イ・ジイはヒロインじゃなくて、ヒロインのバイト仲間で親友。
性格は常に明るくて健気で前向き。
ゆがんだところがないキャラは韓ドラでは今まで見たことがないタイプ。
自分の好きな男が親友を好きだとわかっても、二人がうまくいくように応援するんですよ。
絶対、二人を引き離すように画策すると思ったのに(笑)

ただ、途中から変わってしまうんですよね。
チャンスと付き合い始めた頃から、ありふれた韓ドラキャラになってしまう。
チャンスのセリフにも「性格変わったな」とあるし、制作者もインタビューで話してたような。
チャンス母との会話とか、けっこう鼻につくのよね。
意外に策士なのか?と思ってしまったり(笑)
ラストまで純粋なままのイ・ジイだったら、もっと面白かった。

メインストーリーはタイトルの通りに財閥もの。
大財閥テジングループの後継者争いと、会長の愛人トラブルが絡むという、
まあ、おなじみの設定です。

ヒロインのチャン・ユナはテジングループ会長の次女。
でも彼女が育った家は裕福だけど家族がそれぞれ対立しているような家庭。
彼女もある意味今までの韓ドラヒロインとは違うかもしれない。
「お金に困ってる人がいると初めて知った」とか「庶民のふりをする」とか、
とんでもない社会認識を持った、鼻持ちならないタイプ(^_^;)
ジュンギに渡すお弁当をお手伝いさんに作らせたのは驚いたもの!

その分、男性陣はかわいい(*^_^*)
ジュンギとチャンスの恋人同士みたいな会話も楽しいし、
性格も単純。

ジュンギも野心家かと思ったら意外に弱気で、
最後はユナにひたすら尽くす、女王様を支える腹心みたいになってたしね。

チャンスは育ちの良さがそのまま出てるようなキャラで、
単純で素直だから、ジイに捕まっちゃった(笑)
チャンス母もジイを認めてしまうのは意外だったけど、三男だからね。
三男の嫁が一番お金持ちだったらお家騒動激化ということで。

もう一人印象的なのがテジングループの長女のイェウォン。
自分こそ財閥の総帥に相応しいと思っていて、
長男ということだけで後継者になっている弟のギョンジュンに宣戦布告。
このあたりのサスペンスが一番面白かったですね。

あと、笑ったのがチャン会長。
大財閥の総帥なのに、愛人が派手なおばちゃん(笑)
あの正妻と愛人に挟まれているのはつらそうです・・・

そういえば、ジイの家はラストスキャンダルでソニが引っ越した家ですね。
この家、本当にいろいろなドラマで登場しますね。
屋上とペントハウスが印象的。



続きはネタバレ↓

>>続きを読む

スポンサーサイト

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 上流社会
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

韓国ドラマ「キルミーヒールミー」 :: 2017/01/04(Wed)

「ジキル ハイド 私」の次に見ると言えばこれでしょう。
同時間帯に放送されて、視聴率競争が注目されていた作品。
ヒョンビンとチソンの対決もあるしね。



ではもしこの2作品が同時間帯に放送されていたらどちらを見るか?
う~ん、やっぱり「キルミーヒールミー」かな。
けっこうファン・ジョンウム好きなんですよね(^o^)

ただ、「キルミーヒールミー」もすごく面白かったというほどではないんですけどね。
特に冒頭はかなり重くて暗かったから、このまま見続けられるか不安なくらいだったのに、
2回からいきなりコメディになりましたからね。
それもとびきりドタバタコメディ!
そのギャップを自分の中でどう消化したらいいのか?・・・
わからないまま、なんとなく見終わった感じです。

それにしてもここまで深刻な設定にする必要はあったんだろうか?
幼児虐待と多重人格ですよ。
要するにチソンの七変化が見どころなんだから、もっと軽い設定のがよかった。
魂が入れ替わったとか鬼神が乗り移ったとか、そんなフィクションだったら
コメディ部分も楽しめたと思いますね。

もう1つ不満は、メインの3人(ドヒョン、リジン、リオン)以外の登場人物が
あまりにありふれたキャラだったことかな。

ドヒョンの祖母であるスンジングループ会長も、
目をむいてヒステリー起こしてた時はどんな恐ろしい計略をめぐらすのかと思ったら、
ちょっと脅されただけで大人しくなっちゃったし、

ドヒョンの母親も面倒な存在になるかと思ったら
途中からあまり出て来なくなって最後はあっさり諦めちゃった。

初恋の相手というハン・チェヨンの存在なんて、なんの意味があったのか?
リジンのライバルになるわけでもなく
単なるマリッジブルーの勘違い女でしかなかったよね。

たとえば「秘密」のシン・セヨンにはちゃんとキャラがあって
彼女の生き方はミニョクへの想いも伝わって来たのに、
ハン・チェヨンはなにがしたいのかわからなかったし
ドヒョンを手に入れたいという思いも、単なる意地や親や自分の運命への抵抗だけで、
切実なものには思えなかった。

ここからは結末を予想出来る話になりますが、
(ま、ラブコメのラストなんてみなさん予想してるとは思うけど)







そのチェヨン、ドヒョンの病気を知るとあっさり引き下がったわけ。
本当に深い思いがあったわけじゃなかったのよね。

父親も急に目覚めて、あっさり反省。
実はいい人でした。
なんか打ち切りになったドラマのような尻切れトンボの終わり方でした。
たぶん私はこういう設定が苦手なんだと思いますね・・・

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. キルミーヒールミー
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「ジキルとハイドに恋した私」 :: 2016/12/15(Thu)

う~~ん、モヤモヤしますね。
最初から最後までモヤモヤしてました。



あ、でも、最初はそうでもなかったかな。
1話はかなり意外な展開で期待が持てる感じはありました。
イケメン御曹子が助けを求める女性を突き飛ばしたり、
ヒロインがビルの窓から飛び込んだり、
消えたカン博士の謎がどう絡むのか、ちょっと期待しました。

でもイ・スヒョンが出てきたあたりから話が進まなくなって、
それが延々続くわけですよ。
スヒョンの正体と共犯者の有無の問題で8話くらいある。
しかもその間に捜査や推理が進むわけでもない。
ずっと「スヒョンは誰だ?」「共犯者はいたのか?」の繰り返し。
視聴者は知っているけど登場人物は気が付いていないという状況があまり長いと飽きますね。
(イ・スヒョンって、どうしても「犬とオオカミの時間」を思い出してしまう)

とにかく全体のテンポが遅いと感じました。
かと言ってキャラや心情を丁寧に描いてるわけでもなし。

あと、一番納得できなかったのは
警察まで催眠で操られてしまうというところ。
催眠ということで登場人物を操れるなら、
キャラクターの設定に関係なくどんな行動でもつまらなくなります。
そもそもストーリードラマが成り立たないわけで、安易すぎます。

でもその前から警察はまったく機能してなかったけどね。

で、ラスト。
あの終わり方でいいのかな??
ハナは納得できるの?
私は無理・・・だと思う。
ということでモヤモヤしたまま終わりました。

そういえば途中までチャン・ハナがハン・ジミンだとは気が付かなかった。
髪型で印象変わりますね。

でもテーマパークの社長が8時に寝て仕事になるんだろうか(笑)

ちょっと反転
ユン先生がスヒョンだということはカン博士が気づくくらいなんだから
警察が調べたらわかるはずよね。
そういうところのいい加減さが物語に入り込めない原因かも


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. ジキル、ハイド、私
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

韓国ドラマ「スパイ~愛を守るもの」 :: 2016/10/27(Thu)

スパイというタイトルが付いていますが、スパイものという感じではないですね。
スパイドラマの、あのバレそうでばれないハラハラドキドキや
あっさり殺したり殺されたりという冷酷、非情もありません。

一応ストーリーは南と北の争いなんですが、
国家間の闘争というものはほとんどなくて、完全に個人の欲。
要するにお金。
北のスパイも南の情報員も、そういう意味で国を裏切っているので、
公的に組織を動員することは出来ないんですね。
だから暴力組織の小競り合いレベルの戦いしかできない。

印象は刑事ドラマという感じです。
ウナなんて完全に刑事ドラマに出て来る事務系の女の子。
まったく頭使ってないものね(笑)

だいたいキム・ソヌみたいな情報員がいたら、国が亡ぶ。
優柔不断で、誰にでも騙されそうだから。
それに他のドラマや映画で見た国家情報院の基準なら
キム・ソヌは絶対採用されないはずですよね。
そこに裏設定があるのかと思ったらなかったし。

でもソヌ母はカッコよかった。
ふつうの主婦に見えて銃やナイフが使えるってかっこいいです(^o^)

ということで、私はソヌとユンジンのロマンスよりも
ソヌ母とギチョルの関係の方が面白かった。
なんか最後はユ・オソンがカッコ良く見えちゃって応援してしまいました(^_^;)



ま、ものすごく面白いということもなかったけど、
途中で飽きて挫折ということもなかった。

刑事ドラマと思えば、それなりに楽しめました。

----------------------------------------------------------
公式サイトによると、原作はイスラエルのドラマ「MICE」。
アメリカでは「TA GORDIN」というタイトルになっているみたいです。
ネットでは見られるみたいですが、もちろん字幕は英語です。

予告編はyoutubeにありました。
ソヌ母とかギチョルぽいキャラが出てますね。



英語字幕の予告編はこちら


Ta Gordin Trailer from Daniel syrkin on Vimeo.





テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. スパイ~愛を守るもの
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

夜警日誌 :: 2016/10/20(Thu)

TBSチャンネルでマリノスの試合見て、終わった後もつけっぱなしにしてたら
いつの間にか始まってたドラマ。
なんとなく見てるうちにハマりました(*^_^*)



夜警隊と、鬼神を操る邪教の道士の戦いがメインで、
時代劇だけど、伝奇アクションとでもいうようなジャンル。
昔、NHKで夕方に放送していた人形劇みたいな感じです。
深刻なドラマを求める方には向かないと思う(^_^;)

しかも前半は、あまり面白くない。
私が見たのはたぶん12~13話くらいだと思うんですが、
それより前に見てたら、きっとチャンネル替えてましたね。

夜警隊が発足してからは面白い!
夜警隊というのは、生きている人間に害をなす鬼神を退治する秘密部隊。
鬼神は執着を残して死んだためにあの世に行かれない魂。
「主君の太陽」では「鬼神」は字幕では「幽霊」になっていたけど、
このドラマは時代劇だからか「鬼神」のままでした。

主人公は鬼神が見える王子・イ・リン(月光大君)
現王の異母弟だけど、正妃の王子だから本来なら第一王位継承者。
でも父王が錯乱して母を殺害したことから宮廷を追われて高等遊民生活。

現在の王が邪教の道士サダムに惑わされて国が亡びそうになっていることから、
夜警隊を復活させてサダムを討つ。

見どころは個々のキャラクターとアクションシーンかな。

ヒロインの巫女のトハは「スパイ」のイ・ユンジンですね。
「スパイ」の時はどちらかというと苦手な女優さんかと思ったけど、
イナはかわいかった。
ただ最初の方のご当地アイドルみたいな衣装は恥ずかしい・・・

メン・サゴンも「スパイ」の情報部員ですね。
あの時もいい味出してると思ったけど、このドラマでもなかなか面白いおじさんキャラ。

サダムは、どこか見覚えのある顔だとは思ったけど
「シークレットガーデン」キム秘書でした。
イメージ違ってて、びっくり。
最後に前髪下ろしたらキム秘書になったけど(笑)

サダムは邪教の道士ということで、一応悪役なんだけど、けっこう情けない悪役。
いろいろ術を仕掛けるけど、すぐ破られるし、簡単に騙される。
いつも計略に失敗して怒ってるイメージなのよね。
よく考えるとトハやスリョンに都合よく利用されてるような気がしないでもない(笑)

まあ、夜警隊のメンバーも、わりと簡単に罠に嵌るので、
どっちもどっちなんですけどね~

とにかく、サダムがすごい邪術を使って、夜警隊絶体絶命の危機~となるけど、
詰めがあまいから、あっという間に解決するという繰り返し。

トハは閉じ込められてもなぜか簡単に出て来るしね(^_^;)
でもなんで服までコピー出来るんだろう??(笑)
だったら着替えればいいのにね。
リンはやたらに着替えて出て来るのに(笑)

大妃にソ・イスク、 領議政がイ・ジェヨン、
リンを見守る守護鬼神がコ・チャンソク、イ・セチャンと、最近同じ俳優さんばっかり見てますわ。

まあ、ストーリーは単純ですけど、リンとムソクのかっこいいシーンや、
カン・ジウちゃんのかわいさとか(7歳であの表情が出来るものなのかしらね)、
いろいろ楽しめました(^o^)

もっと早く感想書こうと思ってたけど、1話から見直してたら止まってしまった(^_^;)
夜警隊になってからがお勧め。
好きな人は好きだと思います(^o^)/


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 夜警日誌
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「秘密」 チソン主演 :: 2015/04/19(Sun)

面白い!
これぞ韓国ドラマというストーリーで、こういうドラマが見たかったのよ。
2000年の「秘密」も好きだったけど、2013年の「秘密」もいいです。

これも御曹司と貧困女性の格差恋愛なんだけど、
ミステリー&サスペンス仕立てというところが珍しい。

冒頭は、例によってミニョクのドラ息子ぶりとユジョンの自虐的な献身が鼻について
すっ飛ばしたところはあるんですが、ユジョンとミニョクの関係の進展とともに
轢き逃げ事件の真相がいつどうやって暴かれるのか、
途中はハラハラしながら久々に一気見しました。

さらにもう一つの事件の謎解きもあって、まったく先が読めない展開だったから、
ラストの予想つかなかった。

ストーリーとしては交通事故、身代わり、復讐、格差恋愛、四角関係と、
韓国ドラマ要素を全部集めたような設定なので、当然、お約束シーンもいっぱい(^o^)

身代わり話は、だいたい序盤の無理やりな設定で冷めてしまうんだけど、
このドラマでは、せっかく手に入れた成功を守りたくて逃げ出してしまうドフンの恐怖、
それを庇うユジョンの心情にも無理がないから物語に入りやすかった。
まあ、その後はちょっとひいたけど・・・
でもよく考えると、あの雨の中、運転中にいちゃつくユジョンも悪い。

あと、映像がとても凝ってましたね。
バス停のシーンの美しさ、ユジョンがドフンを問い詰めるトンネルの仄暗さ、
テールランプだけが光るシーンの不気味さ、一味違う映像でした。

ファッションも面白い。
登場人物の性格や生活、階級を的確に表現してるし、ユジョンの服の着回しもリアル。
ドラマによっては、すごく貧しい設定なのに毎回違う服着てるヒロインもいるからね。

◆ここからはネタバレなので隠します。

一番意外で面白かったのがユジョンの変貌。
罪をかぶって耐えて泣いてるだけのキャラだと思っていたら、
復讐、それも裁判に持ち込むという正当な手段での報復を開始。
ドフンにミニョクを告発すると脅されても引かない強さも意外だった。

そのミニョクは、途中までは本当にセヨンを想っているように見えたから
先が読めなかったのよね。
最後まで見れば身内に対するような思いだったとわかるんだけど。

セヨンは、ミニョクを取り戻そうといろいろやるけど、やることなすこと逆効果。
ユジョンを虐めればいじめるほど、ミニョクは当然かばうでしょう。
嫉妬させようと見せつけても相手がドフンでは自分の価値を落とすだけだし。
それに告白するって、いきなりパーティで歌いだすのはひくわ~
絶対的な自己中心で、よくも悪くもお嬢様キャラでした。

そういえば、12話でセヨンが「ソ・ジヒさえ死ねば手に入ると思ったのに」と言った時は、
てっきりセヨンが殺したのかと思いました。
だから最後に告白した時は「やっぱりそうだったのかと思ったんだけど、
間接的に殺したようなものという意味だったのね。

つまり・ソジヒは、ミニョクが見捨ててセヨンが呼び出して、
社長が連れ出そうとしてドフンが轢いた。
寄ってたかって殺されたわけね・・・

ラストはハッピーエンドでよかったんだけど、破滅的なラストも見てみたかったかも。
最近の韓ドラはけっこうハッピーエンドが多いですね。

それにしても最終話は詰め込んだもの。
アルメニアに行くと言って空港ですれ違った二人。
あ~大人の終わり方なのかと思ったら、あっという間に帰ってきたし(笑)

娘婿が後継者になるのは解決法としてはいいけど、
チョ弁護士とミンジュとの恋愛は唐突だった。
(一応ところどころ伏線はあるのね)
ミンジュがKグループを手に入れようとする策士だったら面白かったのに(笑)

残った謎は2つ。
ユジョンの父親はドフンが車で浦項まで連れて行って
ブレスレットを外して放置したということでいいの? 本当に殺してないの?
まあこの辺はノーカット版を見ないとわからないかもしれないけど。
衛星劇場版は60分で、DVDも1話60分だから、そんなにカットされてないはずだけど、
CSは微妙にカットするのよね。30秒カットとか15秒カットとか。
ドラマで15~30秒って、1つのエピソードが入るからわからない。

そして壊れかけたオルゴールは結局、何の意味があったのか?
「母が死んだのは俺のせいだから 俺が部屋に入らなければ
ぜんまいさえ巻かなければ」って、どういう状況なのか想像できない。
母親は目の前で飛び降りたということ??



テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 秘密 2013
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

「TWO WEEKS」 ★★★(★) :: 2015/02/27(Fri)

ストーリーの展開が予想で来て、ほぼその予想通りに話が進むので、
意外性はないけれど、その分、安心して観られました。
サスペンスドラマなのに安心して観られていいのか?という疑問はあるけど、
スピード感はあったし、後半のテソンがかっこよかったので、個人的に★★★★(*^_^*)

でも実は、一度挫折して再度の挑戦だったんですよね。
挫折した理由はパク検事のヒステリーと無責任。
あんな危険なこと頼んで、出張中だから知りません!はないでしょう?
メールくらい海外でも匿名で見られるだろうし、
本当に心配してたら「留守の間はなにもしないで」って言っておけばいい。
被害者は、どうみても機転の利くタイプの子じゃないんだから。

ムン会長だって、愛人の家で会合というのはわかるけど、
その愛人がいる時に呼ぶのはおかしい。
しかも暴力的仲間の会合ならまだしも、絶対に知られてはならない政治家とのつながりなんだから。

テソンもイマイチぱっとしないし、スンウ刑事の感情的な暴走もうっとうしい・・・
というわけで2話で止まってたんだけど、
その辺すっ飛ばして見たら後半は面白くなりました。

特に12話くらいから謎解きがメインになって、けっこうハラハラシーンが続きます。
誰が裏切って、誰が嘘をついているのか?
テサンたちには裏切り者がわかっているのかわかっていないのか?
ある事実を、誰が知っていて誰が知らないのか?
それが見てる方にはわからないから、ドキドキが盛り上がるんですよ。

でもまあ一番は盛り上がったのはテソンがカッコよくなったことなんですけどね!
やっぱりスーツ姿は似合うわ♪

頭脳戦でも、途中からはムン会長との攻防もテソンが主導権取るようになってるものね。
ただ、「テサンは変わった」といっても、1週間程度で成長しすぎよね~
ちょっと都合よすぎるとは思ったけど。
でもカメラ受け取ったら、さっさとその場離れないとダメでしょ。

逆にスンウは影が薄くなっていきましたね。
最初はスンウ刑事vsテサンの対決がメインで進んでいくのかと思ってたけど、
パク検事とテサンが組んでしまったから、スンウが中途半端なキャラになって
単にイネの婚約者の熱血刑事で終わってしまった感じ。
警察庁長官の息子、検挙率1位という設定はなんだったんだろう?

そして、テサンとムン会長はイルジメの父子なんですよね。
そのムン会長が行動派で驚いた。
チンピラ相手にボスが自ら乗り込んで戦うなんて、あまり見たことないような・・・
思うほど大物じゃなかったってことなのかしらね~
そういえば部下も有能とはいえないしね。
右腕ということになっているファン・テジュンが口うるさい古女房みたいで笑ったわ。

あと、完全に足手まといキャラだと思ってたイネが有能な行動派でびっくり。
そういう点では意外性があったわ(笑)

もうひとつ、アン・ヨンジュンssi
朱蒙のユリは本人か?と思うくらいイメージ通りだったけど、
古代顔だから現代劇の役は難しいんじゃないかと思ったけど
いろんなドラマに出てるんですね。
でも肝心な時にいないんじゃ警護の意味がないよね。

それにしても、あんなに都合よく全員が眠らされる病院なんてあるのか?
総合病院なんて忙しいから、みんなバラバラに動いてるはず。
いっせいに眠ってしまうのは考えられない。

まあそんな突っ込みどころも多かったけど、
前半のアクションと後半の謎解き、スピード感もあってよくできたドラマでした。
1~2話がもう少し考えてあればベストだったけど・・・

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. TWO WEEKS
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

韓国ドラマ「ファントム」 :: 2014/06/19(Thu)

放送中に見たときは矛盾ばかり目について飽きてしまったんだけど、
細かいところは気にしないようにして、ストーリーを追うことを中心に見返したら
面白かったです。

で、最初に気になった矛盾というか疑問は、
マンションの階段でハッキングするシーン。
ハッキングするためにわざわざターゲットPCの近くまで行かなくちゃならないなんて
それは単なる無線LAN盗用ではないのか?と(^_^;)
電光掲示板に動画流した時もビルに侵入してるしね。

しかも無線LANにパスワードすら設定してないレベルのシン・ヒョジョンが
PCに隠したファイルも見つけられない。
さらには監視カメラに映って人物特定までされてしまう。
どこが天才ハッカーなのやら、
今まで捕まらなかったのが不思議だわ~と思ってしまったんですよ。

その後の展開のためには早々にハデスの正体が明らかになる必要があったんだろうけど、最初からがっくりしたので、
その後も、あら探しするみたいに見てしまいました。

・シン・ヒョジョン事件
この犯人、一見用意周到で綿密な計画を立てているように見えて
いつも肝心なところは杜撰。
この殺人も衝動的で、しかもPCのカメラで撮られてる。
PC閉じるだけですむのにね。

「愛する人です」という告白は唐突で弁明かと思ったけど、
ラストを考えると真意なのかな?
でも、そのわりにはあっけなく殺してるのよね。

・マネージャーの事件
遠隔操作もスンジェがやったことなの?
劇場に招待したり、ずいぶん面倒な手順を踏んでますね。
ストーリーには関係ないけど、PC乗っ取られたら騒ぐ前に電源抜けばいい。
携帯のバッテリーはすぐ抜くのにPCはなぜ抜かない??

・CK電子代表ナム事件
シンと密会しているところに突然ナム代表が訪ねてきたということだけど、
毒薬はどこから?
常時準備してあるなら怖い。

と、いろいろ突っ込みましたけど、導入部はよく作られてると思います。

性接待のうわさ、ネット中傷に飛び降り自殺、証券会社を狙ったサイバーテロ。
現代社会の問題を盛り込んでスピード感あり、サスペンス感あり、
ギヨンの見せ場もあって、引き込まれます。

ただ、サイバー捜査隊と天才ハッカーの対決というのは序盤だけで、
メインのストーリーはいつもの復讐劇なんですよね。

政財界の重要人物の弱みを握って自分に従わせるというのは、
権力を得るためには古典的手段で、
その証拠が昔は写真だったりコピーだったりしたけど、今はハッキングになっただけ。

だいたい自分の首を絞めるような秘密書類を
ネットワークにつないだPCに保存する方もどうかと思うけど。

牛さんことクォンチーム長がまともに捜査するよかった
キム・ウヒョンの正体を暴くことが目的になって犯人に利するような、
目的と手段が入れ替わってしまうタイプの上司もよく登場するからね。

最後は意外なカップル誕生。
牛さんは、てっきり女房子供がいるものだと思い込んでたので、驚いた~(゚0゚;)

ギヨンもキム・ウヒョンとして生きるということは、いきなり子持ちですよ~
どうするんだろう、この先・・・
ま、そこまで考えることもないけど(笑)



テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. ファントム
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。