kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国ドラマ「キルミーヒールミー」 :: 2017/01/04(Wed)

「ジキル ハイド 私」の次に見ると言えばこれでしょう。
同時間帯に放送されて、視聴率競争が注目されていた作品。
ヒョンビンとチソンの対決もあるしね。



ではもしこの2作品が同時間帯に放送されていたらどちらを見るか?
う~ん、やっぱり「キルミーヒールミー」かな。
けっこうファン・ジョンウム好きなんですよね(^o^)

ただ、「キルミーヒールミー」もすごく面白かったというほどではないんですけどね。
特に冒頭はかなり重くて暗かったから、このまま見続けられるか不安なくらいだったのに、
2回からいきなりコメディになりましたからね。
それもとびきりドタバタコメディ!
そのギャップを自分の中でどう消化したらいいのか?・・・
わからないまま、なんとなく見終わった感じです。

それにしてもここまで深刻な設定にする必要はあったんだろうか?
幼児虐待と多重人格ですよ。
要するにチソンの七変化が見どころなんだから、もっと軽い設定のがよかった。
魂が入れ替わったとか鬼神が乗り移ったとか、そんなフィクションだったら
コメディ部分も楽しめたと思いますね。

もう1つ不満は、メインの3人(ドヒョン、リジン、リオン)以外の登場人物が
あまりにありふれたキャラだったことかな。

ドヒョンの祖母であるスンジングループ会長も、
目をむいてヒステリー起こしてた時はどんな恐ろしい計略をめぐらすのかと思ったら、
ちょっと脅されただけで大人しくなっちゃったし、

ドヒョンの母親も面倒な存在になるかと思ったら
途中からあまり出て来なくなって最後はあっさり諦めちゃった。

初恋の相手というハン・チェヨンの存在なんて、なんの意味があったのか?
リジンのライバルになるわけでもなく
単なるマリッジブルーの勘違い女でしかなかったよね。

たとえば「秘密」のシン・セヨンにはちゃんとキャラがあって
彼女の生き方はミニョクへの想いも伝わって来たのに、
ハン・チェヨンはなにがしたいのかわからなかったし
ドヒョンを手に入れたいという思いも、単なる意地や親や自分の運命への抵抗だけで、
切実なものには思えなかった。

ここからは結末を予想出来る話になりますが、
(ま、ラブコメのラストなんてみなさん予想してるとは思うけど)







そのチェヨン、ドヒョンの病気を知るとあっさり引き下がったわけ。
本当に深い思いがあったわけじゃなかったのよね。

父親も急に目覚めて、あっさり反省。
実はいい人でした。
なんか打ち切りになったドラマのような尻切れトンボの終わり方でした。
たぶん私はこういう設定が苦手なんだと思いますね・・・

スポンサーサイト

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. キルミーヒールミー
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。