kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

宮廷女官チャングムの誓い」54話 :: 2009/10/24(Sat)

終わりましたね~
やっぱり1年も見続けていた番組が終わるのはさみしいです。
正直言うと、余韻のない終わり方だと思ってしまったけど(笑)、
まあ、無難に終わったからいいか・・・

最初のころは料理番組のつもりで気楽に見てたんだけど、
チョン最高尚宮が失脚させられるころからドラマは深刻になって、
最後の方はつっこみどころ満載の大雑把な内容になってたような気もするけど、
それでも面白いドラマでした。

というわけで、最終回もつっこみまくり(笑)
反転させて読んでね(^^)

まず、前回も書いたけど、うさぎと人間をいっしょにするなということ(笑)
うさぎで成功したから、次は人間、しかもお年寄りの王様(なんだよね)は無理だって。
あれは周囲の人の言うことが正しいと思うよ。

治療に当たるチャングムも見る王様は喜びすぎ(笑)
チャングムは49歳のはずなんですけどね~(笑)
そして死期を悟った王様はチャングムをミン・ヂョンホの元に返し、
明国に逃がすように計らう。

チャングムに付き添っていた強面の内侍府のお役人、この方も元気だったんですね(笑)
すっかり忘れられていたのかと思ったミン・ヂョンホも元気でした。

そして中宗崩御。

追っ手から逃れたチャングムとミン・ヂョンホは田舎で静かに暮らしている。
このあたりのシーンはデジャヴ(笑)
チャングムの子供時代と同じよね~

中宗のあとに即位した仁宗は1年も経たずに亡くなり、
チャングムが天然痘を治療した慶源大君が明宗として即位。
母の皇后が文定王后として権力を握っていた。

そして物語は8年後…

仁宗は1年も経たずに亡くなったのに、なぜ8年後かと思ったら、
これはチャングムの娘が少女になるまでの時間を稼いだとしか思えない(笑)
1年で名誉回復したら子供はいないものね~(笑)

ともかく政治の実権を握っているのは皇太后だから、
信頼の厚いチャングムはすぐに名誉回復。
早速宮中に招かれたわけだけど、なんなの~あの不気味な笑顔の面々は~~(笑)
左賛成や名前のわからない高官も笑顔、また笑顔・・・
「未来永劫許さない」なんて言ってたのに!

でも8年経っても高官の顔ぶれが変わってないって変。
それともすでに引退してるみなさんだから、あんなにフレンドリーなの?
ミン・ヂョンホも「私も逆らってばかりで」なんて卑下してる。
反抗期の息子じゃないんだから、政治を正すのは逆らうこととは別なのでは?(笑)

でも最後にはチャングムの望みもかなって手術も出来たし(笑)、
めでたしめでたし・・・



スポンサーサイト
  1. 宮廷女官チャングムの誓い
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「宮廷女官チャングムの誓い」53話 :: 2009/10/23(Fri)

猛スピードですね。

いきなり「王様が老衰」って、驚いたよ~
どう見ても30代にしか見えないし、ほんの数分前まで愛で悩んでたのに(笑)
愛で悩むキャラだったというのも驚いたけど、
チャングムが菜園で働いてる間に王様が寝込んでて、
「余ももう歳だから」というようなことを言い出したのも驚いた。

中宗は57歳で亡くなったそうだから、そのくらいの歳ということなんだろうね。
ではチャングムは何歳?
47歳くらいか?
日本の大河ドラマでも女優さんは老けないけど、
登場人物全員が若いままというのはすごい。

あの弓の勝負も、ふつうは臣下が負けなくちゃいけないんじゃないの?
チョンホさん、張り合ってる(-_-;)
王様もプレッシャーかけてたけどね(笑)

そしてリンゴと共に召し上がられてしまうのかと思ったら、
チャングムの部屋にはいつもミン・ヂョンホがいる。
先週、先を越されてたからね。今回はちゃんと先に来てました。
そしてミン・ヂョンホは王に直訴。
自分も身を引くから、王もチャングムの才能を活かすことを考えて欲しいとお願い。
チャングムは舌噛みそうな官位をもらって王の主治医になる。

で、ミン・ヂョンホはあっさり流刑に。
それを追いかけるチャングムもすごかった。
あっという間に追いついてたんだもの。俊足!(笑)

その後、またあっという間に時は流れたらしく…、王は腸閉塞に。
いくらチャングムが気をつけていても運動不足は解消しなかったということなのかな。

チャングムは開腹手術を提言するけど、それは無理でしょう。
いくら鍼麻酔に成功したとしても、うさぎと人間は違うし、
消毒や輸血も出来ないものね。
それに王様は老衰で弱ってるんだよね。若く見えるから忘れてしまうけど(笑)
さあ、どうなる?って、予告でだいたいラストは見えたけどね(-_-;)

  1. 宮廷女官チャングムの誓い
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「宮廷女官チャングムの誓い」52話 :: 2009/10/21(Wed)

なんだ、この展開は?
いきなり悲恋ものになってた(笑)
ミン・ジョンホにライバル登場と思ったら、相手は中宗。
これは厳しい戦いですよ。

「チャングムを側室に」というのは皇太后の形式主義の頭の硬さから来た言葉だったのね


それは誤解というものと思ったら、どうやら中宗の気持ちも動いてるみたい。
「余も気付かなかった。母上があのようにおっしゃるまでは」
これって告白じゃないですか~

そして中宗とミン・ジョンホが、どちらが先にチャングムと出会ったのか、
寄り縁が深いか争ってますよ~
なにやら不穏な空気(笑)
中宗とチャングムが楽しそうに話しているのを、
木の陰から見ているミン・ジョンホ…
どうなるんだろう??

でも「夢に出てくるのだ。余が追放した妃や死刑にした側室が」とは。
そんなに王宮の女性を殺してたのか…

ヨンセンがチャングムとミン・ジョンホが思い合った仲であることを、
中宗に打ち明ける。
これって話していいことなの?
中宗の気持ちに火をつけてしまったような気がするんだけど。

さて、中宗はミン・ジョンホを流刑にしてチャングムを側室にするのか?
あと2話だから・・・??(笑)

  1. 宮廷女官チャングムの誓い
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「宮廷女官チャングムの誓い」51話 :: 2009/10/20(Tue)

まあ、結末はわかってたけどさ。
でも王子の天然痘がチャングムが診ただけであっさり治ってしまうというのは
簡単すぎないか?(笑)

驚いたのは皇后の告白。
チャングムを信頼してたわけじゃないのね。
むしろ信じてないから近くにおいて置こうと思ったわけか。
それなら王の主治医にすることを反対したのもわかる。
後宮で長く権威を保つのは厳しいことなんだろうけど、
何にしても、ゆがんだ見方をするものね。
王の治療は医女でもいいけど、わが子の治療には正式な医務官がいいとは、
現代の軽視されてるお父さんのようだ(笑)

チャングムを主治医にすることに反対した大臣たちは、
今度はミン・ジョンホまで流刑にするよう訴状を提出する。
オ・ギョモが失脚しても宮中には君側の奸がはびこっている。
右議政(元の左賛成)も、ミン・ジョンホたちと志を同じくしていたのではなく、
単に反オ・ギョモということだけでつるるんでたということなのね。

医女たちの態度も極端。
やっとチャングムを好きになったらしいけど、それが続くかどうかわからないぞ(笑)

そして王はチャングムに褒賞を与え主治医に任命する。
さらにそれだけでなく官位も与えると言い出す。
これにはまたまた高官たちが大反対。
でも反対されたからって、意地になって位を上げる王も大人げないよね~(笑)

そこでイクピル先生、たまにはいいことを思いつく。
チャングムの治療は母の愛だと言う。
儒教社会では女性の地位は低いけど、「孝」が重要視される思想だから、
母への敬意は高い。
ここで母の愛を出されたら高官たちも反論できない。
なかなか巧みな論理ですね。

で、結局チャングムの官位は従六品まで上がったんだっけ?
あちこちで検索してみたところ、
現在の官位は↓こうなってるらしい。
まだまだ一番下なのね。

右議政   正一品
内侍の長官 従二品
ミン・ジョンホ 正三品
ヨンセン 従四品
イクピル 従四品
ミン最高尚宮 正五品
ウンベク 従五品

  1. 宮廷女官チャングムの誓い
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「宮廷女官チャングムの誓い」50話 :: 2009/10/19(Mon)


やっぱり逃げられなかったのね。
チャングムと違ってチョンホにはやりかけた仕事も責任もあるから
簡単には逃げられないよね。
それでも逃げようとしたチョンホ、惚れてるんですね~(^w^)

王様がチャングムを主治医にすると言ったから、宮中は秩序を乱すと大反対。
それは当然だろうけど、王様がチャングムを主治医にしたい理由は、
チャングムなら政治的陰謀に加担せず自分の命を守ってくれるであろう、ということ。
食事も医者も信用できない最高権力者の孤独ですね。
これで「何のためになぜ反対する」と問われたら、重臣たちも黙るしかない。

でも宮廷内は上から下まで大反対。内医院も、もちろん大反対。
前回、やたらフレンドリーだった医女たちも総すかん。
イクピル先生は、またひねくれる(笑)
「名誉と仲間の支持と、両方を手にすることは出来ぬ」
なぜ??(-_-;)

でもやっぱり両方手に出来ないチャングム。
「何であなたは目立ちたがるの?」
才能があってやるべきことをやってるからなんだけど、
それがわかっていても気に入らない(笑)
陰で努力してることも知ってるのに、こういうセリフになってしまうのよね。

ヨンセンは無事でよかった。
子供も女の子だから政争に巻き込まれないし。
でも救命方法がすごい。
鍼打ったり鼻から薬入れたり、心臓マッサージまでしてたよ~
外で待つしかないウンベク先生とイクピル先生。
お産となると蚊帳の外の二人が笑えたけど。

でも今回の皇太后はこわかったね。
この人は本当にわがままなお姫様がそのまま育ったみたいな人だ。
ヨンセンの子だって孫なのに~

そして今度は皇后の子の慶源大君が倒れる・・・
はいはい、どうせまたチャングムが治すんでしょうが~(笑)
皇太后も皇后も王もヨンセンも、みんなチャングムが救いました。
たしかに内医院の面目丸つぶれというのはわかるけどね(笑)

  1. 宮廷女官チャングムの誓い
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「宮廷女官チャングムの誓い」49話 :: 2009/10/18(Sun)

本当につかの間のなごみだったね~
で、結局、逃げられたの逃げられなかったの?
予告を見るとダメだったのかな?

前半はチャングムも生き生きしてるし、ラブラブでプロポーズもされたし、
活人署で能力を活かせていい雰囲気だったのに、
皇后の陰謀に加担するように言われて一気に重くなってしまった。
せっかく女官じゃなくなって王様から自由になれたのに、
また取り込まれてしまったのか。

皇后から東宮の命を縮めるように命じられて、
チャングムがチェ尚官と同じ難題を突きつけられたということだけど、
チャングムが出した答えは「NO」。
チャングムは命をかけて断ったわけで、それが正解なんだろうけど、
自分ひとりのことだけ考えればいいチャングムと、
一族の繁栄と歴史を背負ったチェ尚官とは単純に比べられない。

しかし皇后もチャングムも重大な陰謀話をあんな大きな声で話すことないでしょう(笑)
皇后も宮中の恐さを知ってるというわりに無防備。
あれでは秘密でもなんでもない(笑)

ミン尚官の最高尚官には笑ってしまったけど、
ハン尚官やチェ尚官が命をかけて争った地位だと思うとなにか空しい…

そういえば、活人署に行くというチャングムに医女たちもやけに好意的だった。
疫病事件の時はあんなにチャングムを仲間外れにしてたのに~
都合いいひとたちだ(笑)

これでチャングムは王様の信頼を得たわけだけど、皇后はどう出てくるんだろう?
ヨンセンは無事出産出来るのかな?
男の子なら大変。生まれた子を守らなくてはならないよね。
盛り上がりますね。

でも地上波の予告でネタバレすることないのに・・・

  1. 宮廷女官チャングムの誓い
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「宮廷女官チャングムの誓い」48話 :: 2009/10/17(Sat)

最終回じゃなかったのよね~(笑)
もちろん全54話なのは知ってるけど、見ている時はすっかり最終回の気分で見てました。
あと6話もあるのよね。
予告を見ると、チャングムはまたトラブルに巻き込まれてるらしいし、
チョンホまで冷たくなってる。懲りないね~(笑)

オ・ギョモとチェ女官長の罪のなすり合いは本当に見苦しかった。
子供のけんかじゃないんだから(笑)
特にオ・ギョモ。とても政府高官とは思えませんね。

チョン・ユンスは刺客の存在を知ってミン・ジョンホに匿われてたのね。
ということは、亡骸にすがって泣いてた子供は演技だったってこと?
すごい演技力。

ホンイも元気でなにより。
ヨンノまで殺されたのに、この人が生きてることが不思議。
あまりに身分が低いから問題にされてなかったのかな?

そういえばアヒル事件の時にチェ尚宮とクミョンはいつの間にか太平館から
戻っていたけど、あれは前の女官長が戻したのか。
今考えると不思議だったのよね。

しかし政治の風向きが変わるということは怖い。
今までの味方がみんな敵に回ってしまう。
自業自得ではあるけど、あんなに次々に告発されると
「今まで黙ってたくせに」と思ってしまう・・・(^^;)

チェ女官長の独白は哀しかった。
ああいう最期を迎えるとは思ってなかったし。

(ちょっとここでお笑いツッコミ→
ミョンイのお墓はあんな近くにあったの? 
それに懸垂で粘るチェ女官長の腕力に脱帽。
ミョンイが見てしまったのが悪いと勝手な理屈を言ってたけど、
毒を入れるならもっと隠れて上手に入れるべき・笑)

でも長く続いた家に生まれてしまった悲劇というのはあるよね。
一族のために自分を捨てるしかなかった生き方は、
チャングムにはわからない重みもあるでしょう。

そしてそこまで踏み切れなかったクミョンの心も哀しい。
恋しい人に「申し訳ない」なんて絶対言われたくないというのはわかるよ。
私ならこのドラマはクミョンの視点で見てみたかったな。
もちろんチェ女官長も好きですが。
チャングムは言うこともやることもすべて正しくて間違いがない。
それは素晴らしいけどなんか息苦しいのよね~(笑)

でもここへ来てかなり厳しいヨンセン。まっすぐな人はある意味強い。

  1. 宮廷女官チャングムの誓い
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

「宮廷女官チャングムの誓い」47話 :: 2009/10/16(Fri)

こわいな~チェ女官長。
でも嫌いにはなれない。
ヨンノのことはひどいと思うけど、それはミョンイを始末しなければならない時に失敗してチャングムを宮中に復活させ、その結果、罪を重ねなければならなかったことを悔いているから。
クミョンの負担を減らそうとするやり方でもあるのよね。
ヨンノもチャングムに助けを求めたのはいいけど、
いきなり「私を女官長にして」はないでしょう。
ああいう思考回路なら、むしろ前の女官長にタレこんだ方がよかったよ。

でも本当に死んだの?・・・と思ってしまうよね~

そうなのよ。チョン・ユンスが生きてたとは!
チョン・ユンスの自害はそれまでのストーリーの流れから考えると唐突に思えたのはたしかだけど、
韓ドラは唐突なストーリー展開がお家芸だから、またかと納得してしまいました(笑)
でも高官が死んだのに検死とかしないの?
ミン・ジョンホの独断で裁量できることなのかな?
左賛成が知ってたようにも思えなかったけど。

チャングムが医局長の遺書を持っているという話が王の耳に入り
ついにアヒル事件の取調べがやり直される。
何を言われても、しらを切るチェ女官長。強気!
そこへオ・ギョモの攻撃。
チェ女官長とオ・ギョモは罪のなすり合いを始め、お互いの悪事を暴き立てる。
あれでは共倒れだけど、チェ女官長はそれで本望なのかな?

そういえいば、チェ女官長のユン・マッケへの言葉は厳しすぎる。
だから敵ばかり作るんだってば!
チャングム語録
「何も失うことなく、ただ許しを請うことだけでは反省とは言えない。」
まったくその通りだけど、世の中には許しを請うことで、
持っているものを失うことなく済ませようと考える人が多いのが事実。


  1. 宮廷女官チャングムの誓い
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。