kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

宮廷女官チャングムの誓い」54話 :: 2009/10/24(Sat)

終わりましたね~
やっぱり1年も見続けていた番組が終わるのはさみしいです。
正直言うと、余韻のない終わり方だと思ってしまったけど(笑)、
まあ、無難に終わったからいいか・・・

最初のころは料理番組のつもりで気楽に見てたんだけど、
チョン最高尚宮が失脚させられるころからドラマは深刻になって、
最後の方はつっこみどころ満載の大雑把な内容になってたような気もするけど、
それでも面白いドラマでした。

というわけで、最終回もつっこみまくり(笑)
反転させて読んでね(^^)

まず、前回も書いたけど、うさぎと人間をいっしょにするなということ(笑)
うさぎで成功したから、次は人間、しかもお年寄りの王様(なんだよね)は無理だって。
あれは周囲の人の言うことが正しいと思うよ。

治療に当たるチャングムも見る王様は喜びすぎ(笑)
チャングムは49歳のはずなんですけどね~(笑)
そして死期を悟った王様はチャングムをミン・ヂョンホの元に返し、
明国に逃がすように計らう。

チャングムに付き添っていた強面の内侍府のお役人、この方も元気だったんですね(笑)
すっかり忘れられていたのかと思ったミン・ヂョンホも元気でした。

そして中宗崩御。

追っ手から逃れたチャングムとミン・ヂョンホは田舎で静かに暮らしている。
このあたりのシーンはデジャヴ(笑)
チャングムの子供時代と同じよね~

中宗のあとに即位した仁宗は1年も経たずに亡くなり、
チャングムが天然痘を治療した慶源大君が明宗として即位。
母の皇后が文定王后として権力を握っていた。

そして物語は8年後…

仁宗は1年も経たずに亡くなったのに、なぜ8年後かと思ったら、
これはチャングムの娘が少女になるまでの時間を稼いだとしか思えない(笑)
1年で名誉回復したら子供はいないものね~(笑)

ともかく政治の実権を握っているのは皇太后だから、
信頼の厚いチャングムはすぐに名誉回復。
早速宮中に招かれたわけだけど、なんなの~あの不気味な笑顔の面々は~~(笑)
左賛成や名前のわからない高官も笑顔、また笑顔・・・
「未来永劫許さない」なんて言ってたのに!

でも8年経っても高官の顔ぶれが変わってないって変。
それともすでに引退してるみなさんだから、あんなにフレンドリーなの?
ミン・ヂョンホも「私も逆らってばかりで」なんて卑下してる。
反抗期の息子じゃないんだから、政治を正すのは逆らうこととは別なのでは?(笑)

でも最後にはチャングムの望みもかなって手術も出来たし(笑)、
めでたしめでたし・・・



スポンサーサイト
  1. 宮廷女官チャングムの誓い
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。