kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国ドラマ「善徳女王」56話 :: 2011/02/27(Sun)

ソルォン公の出陣の目的はミシルが統率していた貴族派の復権と、
それによってピダムを支持する勢力を強化すること。ピダムを王にすること。
だから勝利後の条件にトンマンとピダムの婚姻を求める。
でもそれに対するトンマンの答えは、ほぼNO。
なぜならピダムの目的はトンマン本人を得ることであって、国家の繁栄ではないから。
たしかにピダムが王になったら国が滅びそうだ。

とりあえずソルォンを出陣させて、女王様の次の手は復耶会を取り込むこと。
チュクパンに命じてウォルヤとの接触方法を探り、まずは交渉に場に引き出した。
新羅側は女王様とチュンチュがアルチョンだけを護衛にして直接交渉の場に出向く。

武装してない女性相手に、さすがに隠れてるわけにはいかないウォルヤ。
トンマンの提案は、伽耶出身者の戸籍を焼く代わりに復耶会はチュンチュの配下へ入れということ。
それはトンマンの死後も伽耶出身者を差別することはないという約定であり、
そして王位継承を狙うチュンチュの後ろ盾を固めることでもあるわけです。

でも結局、ソルォン公も敗北。
徐羅伐には戻ったけど、そのままお亡くなりに・・・
あ~、ソルォン公がいなくなると、あとは若輩者ばかり(^^;)になって寂しくなります。
最後にピダムに残した言葉は、人を目標にせず、大きな志を持てということ。

「さもなくば 私のように2番手の道を歩むことになります。」
これはトンマンが言った
「ピダムは神国に忠誠を誓い、神国の大業に全精力を傾けるでしょうか?」
に対して、ソルォンもそうは思ってなかったって事なんですね。

そういえば2番手の方ばっかりになってしまいましたね。
でもみんなが1番を目指したら国が大混乱になるような気がしますが。
ポジョンなんて、もう2番手にもなれそうもないし。

ソルォン公も敗北したことで、ユシン出馬への声が高まる。
でもピダムは、私が神国を守ると宣言して阻止。
どうやって守るつまりなのやら??
トンマンも信じてなかったんですね。単身復耶会の砦に乗り込んで行っちゃった。
そこで伽耶人の戸籍を焼いて最後通告。

チュンチュにはウォルヤを説得しろ、出来なかったら命はないと言い置いて、
たった一人で敵中に置き去り。
まあ、無事説得に成功したわけですが、女王様、きびしいわ(゚o゚)

復耶会が帰順したことでユシンが復権。
ついに出陣出来るようになりました。

それでもユシン復権に反対する重臣たちは何を見てるのか。
国家存亡の危機に勢力争いしてる場合じゃないと思うけど、
敵を目前に内紛で滅びた国も、恋のために滅んだ国も歴史上には多々あるんですよね。

それにしてもピダム、ミシルがいる頃はあんなにカッコよかったのに、
どうしちゃったの??
軍事情報をユシンに残したソルォン公のほうが、まだ状況が見えている。

でもやっぱりチュクパン兄貴は使えるね。
ウォルヤたちの尾行に女の子を使うとか、発想がすごい。
最初に出てきた時は、ここまで重要なキャラだとは思っていなかったけど。

百済軍が徐羅伐に迫っていると聞いて、ソルチは「我々も避難せねば」と言ってたけど、
兵力を持っているのに戦わないで避難するのかしら?
新羅のために戦わないという意味だとしても、新羅が滅んでも大丈夫なの?

スポンサーサイト

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 善徳女王
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。