kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国ドラマ「イニョン王妃の男」 :: 2013/09/18(Wed)

韓国語だと「彼氏」とか「彼女」ではなくて、「○○の男(女)」なのね。
なんか日本語訳だと直接的な気がしてしまうけど。

ちょうどLaLaTVで始まったので、なんとなくまた見てますが、
いきなり現代にタイムスリップして、びっくり目のブンドくんがかわいい♪
最初に見た時は、そうは思わなかったんですけどね・・・
なんか主役にしては地味だな~と(笑)

もちろん慣れるとかわいく見えてきたんですけどね。
後半のヒジンとのラブラブデートシーンはニヤニヤ
キリっとした表情もカッコよかったわ~


ストーリーは、肅宗時代の官吏が現代にタイムスリップして、
売れない女優チェ・ヒジンと恋におちる話。
その時、ヒジンが演じていたのがイニョン王妃役ということで、
運命の結びつきなんだろうけど、そのあたりの説明はなし。
タイムスリップの説明もなし。

難しいことは気にしないで、ロマンスの世界にどっぷり浸ればよいのです♪
宝塚のような少女マンガのような甘々のお話。

歴史部分はけっこう端折ってあるけど、
韓国時代劇ではおなじみのチャン・ヒビンの時代だからわかりやすい。
ただ何回も行ったり来たりして、その度に過去の歴史と現代の関係が変わるから、そこだけはちょっとややこしいかな。

まあ、過去のシーンはブンドさんをかっこよく見せるだけのために
描かれているようなものだからいいんだけど(^o^)

現代に来た時はちょっとボケてしまうブンド氏も、
本来の世界に帰れば世のため人のために命がけで戦う人。
このギャップもいいのです。
歴史上の人物にハマった経験がある人なら、この感覚はわかると思う。

でも、最初のころはまさに命がけでタイムスリップしてたけど、
途中からやけに簡単に行ったり来たりしてるのよね。
帰るときお札を読むだけでいいみたいだけど、
来るときは、やっぱりその度に死にかけてると思うとこわい・・・

上にも書いたけど、キム・ブンドがタイムスリップするのは完全にお札任せで、
そのメカニズムは全く説明されないし解明もされない。
だからこそ、次に会える保証が全くない恋愛。

恋は障害が大きいほどドラマチックになるわけだけど、
300年の時空の隔たりは決定的な障壁。
人の力ではどうすることもできない。
二度と会えないかもしれない恋はつらい・・・

ラスト2回は自分であきれたくらいずっと泣きっぱなしでした・・・
終わり方もよかった。

1話が47分くらいで、地上波でもノーカットで見られるところもいいかも。
最近、無駄なシーンが多いドラマが増えたような気がするから。


イニョン王妃の男 Blu-ray BOXIイニョン王妃の男 Blu-ray BOXI
(2013/09/18)
チ・ヒョヌ、ユ・インナ 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. イニョン王妃の男
  2. | trackback:0
  3. | comment:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。