kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国ドラマ「善徳女王」28話 :: 2010/04/22(Thu)

このあたりの話が一番好きですね。
策謀の読み合いも面白いし、物語の動きも早くて楽しいです。

さて、捕らえられたピダムが単なる扇動者ではないと感じたミシルは直々の尋問。
天に通じているというピダムに「お前の死期はいつ」と問う。
「今日なら明日殺す 明日より先なら今すぐ殺す」
ピダムの答えは「私の命は陛下より3日短い」

その答えでピダムを殺すことが出来なくなったミシル。
「聡明だわ 実に頭がいい」と、なにやらうれしそうでもある。
ミシルのいい男集めに引っかかるのかしら。
でも、いつものミシル派男性陣の面々の前で言うのは嫌味か(笑)

捕らえられたピダムだけど、このドラマの牢屋はどこも日当たりがよくて明るいよね。
ふつうは薄暗い地下みたいなところにあるものだと思うけど。

そこでミシルは個人的にピダムと対峙。
ピダムが言葉の裏に含ませた意味でトンマンからの使者であることを知る。
でもピダムと話すミシルはやっぱり楽しそうよね。
ピダムのことを「私を見ているようで目を合わせられない」とは、
さすがDNAの威力だ。

真平王派はトンマンの石碑偽造の件を知ってるから強気で攻勢。
石碑のことはミシルが答えを出せと迫る。

はたして日蝕は起こるのか、判断に迷うミシルにソルォンが言った言葉。
「相手の土俵に引き込まれずに ご自分の土俵に相手を引き込むのです。
私はの人を見抜く力を信じています。状況で判断せずに人だけを見てください。」

その提言を聞いてミシルはユシンに、日蝕の日付について問いただす。
でもユシンも騙されてたのよね。
ソルォンがせっかくいいこと言ったと思ったのに、アドバイスは裏目だった。

ミシル、裏を読みすぎ。裏の裏の裏くらい読んじゃったわけですね。

私ならトンマンが偽造した石碑に日蝕があると書いてあるんだから
あるに決まってるだろうと思うけど。
こういう単純な人間は、逆に策謀にはめるのは難しいかもしれない(笑)

しかし考えれば、さっそくユシンとピダムは「将棋の駒」として扱われたわけで、
ユシンの表情はかなり複雑(笑)

特にピダムは本当に火あぶりにされかけたのに、
それも信頼するってすごいわ。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 善徳女王
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<韓国ドラマ「善徳女王」29話 | top | 韓国ドラマ「善徳女王」27話>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/108-240c7246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。