kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国ドラマ「善徳女王」35話 :: 2010/04/23(Fri)

ムンノもピダムの不正を認めて決勝戦は無効になり、ピダムは当然失格。
ユシンへの救済策はチルスクと戦って勝つこと。
これでは余計に難しくなってしまったではないか・・・??

結局、ピダムは何をしに出てきたのか?
ユシンはポジョンに勝てないと思って、ポジョンを倒すために出てきたの?
それならずいぶんとユシンを見くびったものだし、不遜と言われても仕方ない。

そういうところは、まだまだピダムは未熟なのね。
ミシルには「もっと賢くて策略に長けていると思っていた」と突き放され、子ども扱い。
修行が足りないと言うムンノの言葉もわかるけど、「ここに必要ない」と言い切られては悲しい。

師匠に母にも突き放されたピダムをトンマンだけは許した。1度だけ。
ユシンを看病するトンマンを見上げるピダムの表情が切ない・・・
試合場を去っていく姿も寂しそうだったから、トンマンの気持ちもわかるけどね。

ボロボロになって、それでもチルスクに立ち向かうユシン。
そんなユシンを貶めるハジョン。ここにも未熟なアホが一人(笑)
エールを送るポジョンとの差が明らか。

チルスクは、さすがにあそこまで公正を言い張っただけあって、素直に負けを認める。
でも、なんだろう、ミシルのあのうれしそうな顔は(・o・)

そういえば、ミセンの頃は武術比才がなかったそうで、では何を比べてたのかな?(笑)

チュンチュは抜け出して独自に情報収集。
ピダムがミシルの息子だって言うから、もうわかったのかと思って驚いたけど、
ポジョンと間違えてただけなのね。

チュンチュを捜索するアルチョンとテナムボが争っているところに本人登場。
アルチョンとテナムボの話を聞いていたのかな?

そしてやっと王宮に姿を現したけど、なんだか屈折してるみたいですよ。
ミシル派に付いてしまったらしい。
またややこしい人物が増えた。

でも、そのミシルはユシンにご執心のようです(゚o゚)
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 善徳女王
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<韓国ドラマ「善徳女王」36話 | top | 韓国ドラマ「善徳女王」34話>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/115-8ef8b5f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。