kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国ドラマ「善徳女王」45話 :: 2010/05/23(Sun)

王宮もミシル派に制圧され、王と王妃は秘密の通路から脱出を図るが捕らわれる。
しかし玉璽だけはソファが持って脱出。

でもチルスクに見つかって匿ってはもらえたけど、玉璽は奪われてしまった。
チルスクも主君の部屋に勝手に他人を入れちゃダメでしょう(笑)
ソファはあの勅書をどうするんだろうね。

玉璽を手に入れたミシルは国法に則って正式に大等とトンマンの逮捕令を出す。
これで一応、全権取得?
でもハンコ1つで全権移譲完了なのか~

王宮に戻ったところを捕らわれたトンマンとチュンチュは、
チュクパンとコドの機転で一時は逃れたけど、
結局また捕らわれて連行されるところを、今度はヨルソン閣から逃れたユシンに助けられる。
でもまた追い詰められて、もはやこれまで!というところに颯爽とピダム登場。
この戦闘シーンは活劇風でかっこよかったわ~

でもユシンはトンマンを逃がすために王城の扉を閉じて中に残った。
結局、ミシル派は一番肝心なトンマンとチュンチュは逃してしまった。

ミシルは「なにひとつ上手くいかない」と言ってたけど、
最初からあまり綿密な計画ではないよね。
あらかじめ王殿にも人を配しておかないといけなかっただろうし、
なによりも逃がしてはいけないトンマンとチュンチュも少人数で護送。
ピダムも徐羅伐に残って自由に動けた。
何か突然の思いつきのような乱ですね。

でも、こんな時でもハジョンはお気楽でいいね~(笑)
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 善徳女王
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<韓国ドラマ「善徳女王」46話 | top | 韓国ドラマ「善徳女王」44話>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/125-bdba87e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。