kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」13話 :: 2009/09/28(Mon)

ハン尚宮は競い合いの助手に味覚を失ったチャングムを指名。
味覚がない料理人というのは大胆なチャレンジ。
しかし考えてみれば、ふだん料理をする時には、
そう丁寧に味見してるわけじゃないのよね。すべては勘(笑)
チャングムくらいの才能があれば、味見しないでも作れるだろうね。

ヨンノはここでスパイとしてチャングムたちの部屋へ戻ってくるのね。
それで納得。

そこへ宮中の味噌の味が変わってしまうという事件が起こる。
女官長やチェ尚宮は、その責任を最高尚宮に押し付け、一気に失脚させようとする。

韓国では味噌が料理の基本なんですね。
吉凶まで左右するとは驚き。

ミン・ジョンホとトックおじさんの出会い。
「本当にチャングムのお父上なのですか」
「才気にあふれていて聡明なところは私にそっくりだと、みなさんそうおっしゃいますんで」
「似ていないのでお尋ねしたのです」
…(笑)

味噌の味が変わった原因は花粉。
チャングムがつきとめました。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 宮廷女官チャングムの誓い
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」14話 | top | 韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」11話>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/157-bdf85d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。