kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

奇皇后 1話 :: 2014/08/05(Tue)

3日からBSプレミアムの放送始まったんですね。
すっかり忘れてて見てないけど、感想アップしておきますか。

私が見てるのは衛星劇場版ですが、たぶん内容は同じはず。
トンイもイサンも同じだったからね。
違いは字幕か吹き替えかの違いだけだと思うけど、
吹き替え版の方がセリフが増えるから、そのあたりはちょっと気になりますね。

「ジャイアント」「お金の化身」に続く
脚本チャン・ヨンチョル+チョン・ギョンスン、コンビの作品です。

元の時代、高麗は元の宮廷に女性を献上していた。
それが貢女。
その貢女から元の皇后まで上り詰めたのが奇皇后。
一応実在の人物だけど、ドラマはフィクションだそうです。

中国の王朝交代は区切りがよくわからないけど、
フビライが国号を大元に改めてから60年後くらい。
元寇から50~60年後くらいで、
大元の全盛期は終わって、陰りが出始めた時代なのかな。

中原における元王朝支配はこの奇皇后の時代で終わったということで、
(その後、モンゴル高原に移動して北元になる)
象徴的な気もしますね。

「奇」なんて字がついてるから、奇行の皇后ということで蔑称かと思ったら、
姓が「奇」氏だったんですね。

さてドラマ、
冒頭は奇氏が皇后になる即位シーンから始まります
壮大なロケシーンで圧倒されるけど、途中から人が減ってる・・・

高麗の世子ワン・ユは元に向かう途中、
(高麗の皇太子は元王宮で育つ慣習だったらしい)
同じく元に連行される貢女たちの悲惨さに耐え切れず
独断で女性たちを逃がしてしまう。

しかしすぐに追手がかかり、女性たちは皆殺しにされてしまう。
その中で少女のヤンイだけは、母親の犠牲で逃げ切ることができた。

このヤンイがのちの奇皇后。

ヤンイの母親を殺したのがキム・ジョンヒョンの"タンギセ"。
今度は悪役らしいけど、「どうせまたバカ息子でしょ」と思ってしまう…(^_^;)

ワン・ユの叔父で瀋陽王ワン・ゴがイ・ジェヨン。
(元は高麗王をけん制するために、王の親族に領地を与えていた)
イ・ジェヨンssiの演じるキャラはいつも読めないんですよね。
良くも悪くも知恵者って感じですが、今回は悪知恵みたい。

ワン・ゴは塩の密売で暴利を得て元に献上。
その見返りで高麗王となる野望を持っている人。

追手から逃れたヤンイは男装して父親探しをしていたんだけど、
その時、ワン・ゴの馬に撥ねられ助けられる。
ワン・ゴに取り入り、武術を習得。
スンニャンと名を変えて手下として塩の密売に協力。
でも実は集めたお金で貢女を助け出す活動をしていたんですね。

ワン・ゴの陰謀を暴こうとする世子ワン・ユは身分を隠して
塩の密売の証拠を探っていた。
そこへワン・ゴの手先として接触したのがスンニャンだけど
この二人の出会いは、なんかラブコメみたいです(^o^)

ワン・ユの側近のパン内官はイ・ムンシク。
お金の化身でもゲスト出演されてたし、ジャイアント組ですね。
いつもながら情に厚く役に立つ側近。

ワン・ユの配下は時代劇の家臣役でよく見るメンバー。

第1話は子役で行くのかと思ったら、あっという間に大人になりましたね。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 奇皇后
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<奇皇后 2話 | top | 韓国ドラマ「ファントム」>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/214-3b6b814f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。