kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

奇皇后 6話 :: 2014/09/01(Mon)

遺体に偽装したタファンを王宮内に運び込むために
スンニャンはヨムを利用。
出世欲に駆られたヨムは遺体を確認することもせずに王宮へ運ぶ。

そのころ王宮ではタファン殺害の責任を高麗に押し付け、
高麗を元のひとつの省にすること、
ワン・ユを廃位することが宣告されていた。

そんなところへ運び込まれる皇太子の棺。
死を悼む人たちの中で、突然棺から起き上がる遺体(@_@;)
そりゃ驚くわ~

これで高麗の危機は去ったかに思えたけど、タファンの危機は終わってない。
このまま密かに消される可能性もあるわけで、
父の復讐のためにも生き延びなくてはならない。

そのために出来ることはヨンチョルの傀儡となることしかない。
タファンは生き延びて皇帝になるために
スンニャンを裏切り、暗殺者を万戸長キ・ジャオと証言する。
情けない男だけど、瀬戸際になるとこういう演技ができるところはタンギセよりは上。

結局、廃王ワン・ユは大都へ連行されることになり、
スンニャンも奴婢として貢女たちと大都へ連れて行かれる。

でもこの道中がまた苦難の連続。

途中、ワン・ユは高麗の民を守るためにタンギセに射られて重傷を負う。
そのまま見捨てられそうになったワン・ユをスンニャンが運ぶことになったけど、
大の男を引きずって運ぶとは、信じられない体力だわ。

そんな怪力スンニャンを見て「女の匂いがする」と見破るタンギセ。
こういうところだけするどいのね(笑)
でも私、スンニャンがドラマ上まだ男だってことを忘れてました(^_^;)

大都に戻ったタファンは無事皇帝に即位したけど、玉座の隅にちょこんと座ったり
性格のきつそうな皇后も決まって、先行き暗そう。

カワウソの皮一万領に驚くタファンには笑ったけど、字が読めないのか。
漢字だけだと覚えるのも大変そうだけどね。

タファン暗殺に失敗したペガンとタルタルは死はまぬがれて、辺境へ左遷されるようです。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 奇皇后
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<奇皇后 7話 | top | 奇皇后 5話>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/219-22f34151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。