kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

奇皇后 20話 :: 2014/09/26(Fri)

ヨンチョルは毒酒を飲んで生死不明のままだから
ここぞとばかり、いろいろな人が動き出す。

これこそまさにワン・ユが企んだ展開・・・のはずなのに、誰もそれがわかってない。
タンギセは相変わらず自分の周囲1mくらいしか見えてないし、
先の予測もできない。

タナシルリも状況を理解しているというより、
ワン・ユへの思いにひかれているだけのように見えるし。
タファンはこの機に乗じて恋敵を排除することしか考えてない。

皇太后は権力への妄執にとらわれて判断がおかしくなってる。
この人、王権の復活を第一に考えてるのかと思ってたけど、どうも違うみたい。
自分が中心じゃないと気が済まないタイプなのかも。

それぞれの思惑と思い込みはともかく、タナシルリの助言で作戦は続行。
ヨンチョルの死を装って罠を仕掛ける。

ワン・ユは敵情を内偵と偽って皇太后に近づき
重臣らを説得させて反乱を起こすように仕向ける。

いよいよ歴史が動くのか?
風雲急というときに、ワン・ユはプロポーズしてる。
まあ人間、自分の安全に不安を抱くとパートナーを求めるともいうけど(*^w^*)

スンニャンは一も二もなく受けるのかと思ったら、心に浮かんだのはタファンのこと。
まあ、あれだけ一途に慕われているんだから、
ちょっとは心動かされてるところもあるでしょうね。

その後、皇后に会いに行くと言って、戻ってからOKしたんだから、
タナシルリと何かあったのよね。

さて、ヨンチョルの死を確信した人々は反乱を決行。
でもヨンチョルは生きていて、自らの棺を用意させて反乱軍を欺く。
あれだけ人がいるんだから、誰か一人くらい遺体を確認するべきよね。

タンギセは騙せてもヨンチョルは騙せない。
ワン・ユもペガンも絶体絶命の危機~というときに、
タルタルが準備した緊急連絡手段が役に立った。

スンニャンはヨンチョルが煎じさせている解毒のお茶の香り気が付いて、
ヨンチョルの生存を確認。
ワン・ユたちに知らせて、反乱軍に加わる直前で危機を回避することができた。

そういえば、あの侍医は無事だったのか。
オジンの誤診で追放されたかと思った。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 奇皇后
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<奇皇后 21話 | top | 奇皇后 19話>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/233-f997f878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。