kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

奇皇后 29話 :: 2014/10/10(Fri)

スンニャンが飲んだ毒はお茶に入っていたナツメから検出される。
これは犯人自らが毒を飲んで被害者を装い嫌疑を逃れるという
古典ミステリーのような作戦。
これでタナシルリの部屋からナツメが出ればトリック完成ということ。

タナシルリは詰めが甘かったわね。
毒入りナツメが見つかって、スンニャンに弁明してしまうほどあわててる。
所詮、父親の威勢を借るだけのいきがった小娘。

ヨンチョルは己の信念に従ったから権力を守れたと言ってたけど、
タナシルリには信念はないからね
ただのわがままがあるだけ。

そういえば、作戦決行の前に皇太后に話をつけておくとところは、
さすがスンニャンは百戦錬磨の策士。

タナシルリが犯人とされたことで行省長らは皇后の廃位を迫る。
そこでヨンチョルは冷宮に幽閉することを提案。
皇太后は幽閉を承認する代わりに皇后の印章を預かること、
つまり後宮の支配権を渡せと要求。
政治的取引成立でタナシルリは廃位される代わりの幽閉の身に。

ヨンチョルは規律と道理を守っていたらこの国は滅びていたと言ったてけど、
規律と道理を守らない国の方が結果的には滅びると思う。
ヨンチョルは戦時と平時は統治方法が違うことがわからなかったのね。
元は戦争だけ強いイメージです。

タファンは、スンニャン自ら毒を飲むほどに復讐の思いが切実なものだと知って、
あらためてスンニャンへの気持ちが高まっていく。

もう失望させぬ
私のすべてをそなたのために懸けよう
そなたの心に私がいなくても
復讐に利用されても恨んだりはせぬ
ただそばにいてくれ


毒入りナツメがメバク商団からの献上品に入れられていたことから
ヨンチョルはフクスの捕縛をペガンに命じる。
フクスを連行するために遼陽に戻ったタルタル。
そこで待っていたのがワン・ユ。

ワン・ユはスンニャンが側室になったと知ってショックを受けてたけど、
自分が置いていったんだから怒る資格はないわよね。

その時にタルタル師がワンユに言う言葉がよいのです(^o^)

ワン殿の部下でも思い人でもない
あの方を苦しめることがあれば私が許しません


なんかスイッチ入ってしまった(*^_^*)
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 奇皇后
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<奇皇后 30話 | top | 奇皇后 28話>>


comment

こんばんは。
kigiさんに、長年(!)お借りしている
「奇皇后」
やっと見ております(^-^;
長々お借りしてごめんなさい。
返さなくても良いと言うお言葉に甘えてしまった(^-^;

で、いったん見始めたらノンストップ!
すごく面白いですね!!

私が好きなのはペガン。
きっとみんなが好きだよね。
タファンを逃がした時から好きです。
でも、この回のタルタルの言葉も良かった。
kigiさんのスイッチ、わかりますよ。
策士は大好きだから、タルタルも好きです。
ペガンとはいいコンビ。

タファンも好きですけどね。
kigiさんが冒頭で結構辛口だったみたいだけど
私は冒頭からバカ皇子でも、好きです。
だいいち、顔が好きだし(笑)

ワン・ユのひとは、このドラマでしか見たことがないのですが、好みじゃないけど、キャラはカッコよいですね。
スンニャンとは結ばれないのね~。
すごく切なくってGOODですわ~。

いま33話まで見たのかな。
このあと、kigiさんの感想をそこまで読ませていただきますよ。

私が見た後、ラムちゃんに回しても良いですか??
  1. 2015/10/24(Sat) 20:53:32 |
  2. URL |
  3. short #-
  4. [ 編集 ]

shortさん

長年??、と思ったら、もう去年のことでしたか。
月日が経つのは早い・・・

いつでも見られると思うと、つい後回しになるよね。
私も録画したまま見てないドラマがたまる一方で、
最近やっと「野王」見始めました。
古き良き韓ドラっぽくて、けっこう気に入ってます。

で、奇皇后。
タルタル氏、いいよね。
ただ一人、全面的にカッコいいキャラでした。
この人がいなかったら見続けていられたかどうか。

あ、ペガンも好きですよ。
こういう単純熱血直情型武将って韓ドラでは意外にいないタイプだから、
出て来るとなんとなく安心して見ていられる感じでした。

タファンへのコメント、辛口でした?(笑)
まあ最初は足手まといでしかなかったからね。
でもだんだん力のない皇帝の悲哀も伝わってきて、
好感度アップしました(^o^)

ワン・ユのチュ・ジンモは「露花店」という映画で男しか愛せない王様を演っていて
その映画をパロったようなシーンがいくつかあってニヤつきました(^_^;)
なんというかいつもキャラが濃すぎて、パスなんですよね・・・

ちなみに、映画のモデルになった王様が奇氏の実家を滅ぼしたらしいです。

BDは差し上げたものだから、好きにして(*^_^*)(笑)
  1. 2015/10/25(Sun) 20:18:22 |
  2. URL |
  3. kigi #OtbjpRI.
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/242-053e3d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。