kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

奇皇后 32話 :: 2015/01/24(Sat)

窮地を打開すべくヨンチョルと面会したスンニャン。
もし自分を告発すればヨンチョルこそ皇子の暗殺犯として断罪されるはずと脅す。

もちろんそんな証拠はないんだから、
これは深読みする相手にしか通じない策ですね。
単純な人間なら「そんな証拠があるはずない」で終わってしまう。

ここでもヨンチョルはワンユに助言を求める
ワン・ユは当然スンニャンを後押し。
キ才人は何を企んでいるのかわからないから慎重に対応するようにと、アドバイス。
あいかわらずワン・ユを信頼してるみたいね。

でもヨンチョルは結局、陝西行省長チョクコンと娘を捕えて拷問。
彼らが自白しないので斬首。
その首を見せて行省長たちを脅す。

さて、皇帝親政を決議するクリルタイ。
残念ながら行省長たちにヨンチョルに歯向かう気迫はなく、
親政案は却下。
ヨンチョルの権勢は変わらない。

そんなどさくさに紛れてタナシルリが冷宮から出てきた。
でも皇后印を持っている皇太后は内命婦の権限をスンニャンに与える。

ま、タナシルリ自身には、なんの能力も力ない。
父親の権力があるだけだから潰すのは簡単でしょう。

そんなときに国家行事の狩猟大会が開かれる。
側室まで参加とは、さすが騎馬民族。
その狩猟大会でヨンチョルはタファンとスンニャンの暗殺を計画。
でも例によってワン・ユに話してるから、なんとか助けてくれるでしょう(^^)
一番近いところにスンニャンの味方がいるというのは、どうなのよ・・・

当日、タナシルリはワン・ユを見つけてお茶に誘うけど、
ワン・ユはそのまま行き過ぎる。
「なぜ無視を?」とタナシルリ。
「ムシの居所が・・・」って、ソ尚宮、まさかダジャレ言ったのか(・_・;)

ソ尚宮はワン・ユが昔スンニャンと付き合ってたらしいと、
いかにも女官らしい余計な情報をタナシルリに話す。
少しは主人の性格も考えて話せばいいのに(笑)
主従揃って何も考えてない。

で、4人で飲み会(笑)
また、おかしな四角関係になってます。
というか、タナシルリが邪魔なだけだけど・・・

そういえば、「陝西省」って変換されるのね。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 奇皇后
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<奇皇后 33話 | top | 奇皇后 31話>>


comment

さっき32話まで見たと書きましたが
32話まででした。
ネタバレ読むところだった。
あぶないあぶない(笑)

スンニャンとワンユの別れのシーン
泣かなかったけど
それなりに胸に迫るものはありましたよ。

あと、無視とムシ
駄洒落だったのですね!!
なぜ「ムシ」に、強調点が付いてたのか
あれ?と思ったのです。(笑)

奇才人についてる女官、
イ・ドクファの娘なのですと??
言われてみれば、似ています!!
ヒロイン顔じゃないねー(^-^;
  1. 2015/10/24(Sat) 21:03:14 |
  2. URL |
  3. short #-
  4. [ 編集 ]

まさかあのソ尚宮がダジャレを言うとは思わないよね。
こういうところは脚本?監督?の遊びを感じました。
よく見ると意外に細かいところで遊んでるのよね(笑)

私は本当にワンユに思い入れがなくて、
別れのシーンも、なんか冷めて見てしまいました。
役としてはいい役なのにね・・・

そうそう、イ・ドクファの娘。
でもそれを隠してオーディションで受かったんだっけ?
それは他の人だったかな?
忘れました(^_^;)
たしかに目元とか似てるかも。
  1. 2015/10/25(Sun) 20:40:49 |
  2. URL |
  3. kigi #OtbjpRI.
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/245-b2e60c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。