kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

奇皇后 48話 :: 2015/02/16(Mon)

摂政として全権を得たスンニャンはタファンを自分が住む興徳殿に移す。
心入れ替えて看病してくれるのかと思ったら
策略のためだったのね。

皇帝の安否がわからない皇太后・ペガン派は疑心と不安に駆られて、
一気に決着をつけようと、アユとスンニャンを討つことを計画。
兵を集めて興徳殿を襲う。
でもペガンがまさにスンニャンに刃を打ち下ろそうとした時に、タファンが出てくる。
タファンの前で刀を収めるペガン。
あそこでスンニャンとタファンを殺せないのがペガンの性格なのかも。

とにかくもうみんなバラバラで、誰もが自分のことしか考えてないという末期的状況。
そして誰もが誰をも信じてない。
だから嵌められた人間から、ひとりづつ殺されていく。
政治でも政争でもない、単なる騙し合いの殺し合い。
誰もいなくなるまでやるつもりなのかしらね。
なんかね、もう早く終わってほしいと思ってしまう・・・

それにしても本性を現したコルタが怖い。
いつの間にこんな人になっちゃったの??
ずっとタファンとスンニャンを応援してたのに。
いつもタファンを心配して、二人が仲いいと嬉しそうだったのに。
あれが演技だったとしたら素晴らしい演技力。
それとも途中でメバクの頭首が変わったということなのかな?
なんか納得できない・・・

謀反人として投獄されていたペガンは偽りの忠誠で釈放されるけど、
その目的はスンニャン暗殺。
スンニャンとしてもペガンの忠誠を信じるはずもなく、ペガン暗殺を計画。
どちらもタルタルに相手を呼び出すように頼む。

命運を握るタルタル師。
大殿にスンニャンをおびき出したように見えたけど、
ペガンが大殿に向かうと、そこに待っていたのはスンニャンの兵。
嵌められたのはペガンの方でした。

そしてとどめを刺したのはタルタル。
やっぱりあの言葉はペガンの最期の暗示でしたか。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 奇皇后
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<奇皇后 49話 | top | 奇皇后 47話>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/261-4df1277f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。