kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

邦画「誘拐報道」(1982年) :: 2017/01/23(Mon)

1980年に実際に起こった誘拐事件を元にした映画。
読売新聞大阪本社社会部編のドキュメンタリーを映画化。

タイトルから考えて、
誘拐事件の報道協定の中で、いかに協定の隙間を狙ってギリギリの取材をするかという
新聞記者と警察の駆け引きがメインテーマかと思ったら違いました。

ほとんどは犯人側からの視点で描かれています。

推理小説の誘拐事件は、その発端から身代金受け取りまで、
練りに練った計画が使われますが、
この犯人は身代金受け取りも誘拐した子供の扱いも、完全に行き当たりばったり。

被害者の家に警察が張り込んでいるのがわかっているのに
家の電話に連絡したら受け渡し場所に警察が来るのは当たり前。

実際に誘拐を企てるような犯人は、
こんなふうに深い考えもなしにやってしまうんでしょうね。
だから怖い。

とにかくまじめに働いている犯人の家族が哀れ。

映画としては雪の丹後半島の映像が本当に美しいです。
丹後半島、行きたいですね。

そうそう、キャストの豪華さにも驚きました。
犯人役は萩原健一、その妻が小柳ルミ子。
平幹二朗、菅原文太、丹波哲郎って共演するものなんですね。


スポンサーサイト


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. ◆「映画」
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<韓国映画「観相師」 | top | 韓国映画「ハイヒールの男」>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/314-447b13be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。