kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国映画「観相師」 :: 2017/02/09(Thu)

韓国の歴史ドラマを見ていると人相を見て未来を予言する場面がよく出て来る。
「トンイ」では、まだ子供のトンイと女官のオクチョンが出会うシーンで、
高貴な運命を持つ二人だが、一人は光で一人は影であると予言されてた。

歴史ドラマだけじゃなく「上流社会」では占いが家族トラブルの元になっていたし、
占いで誘拐事件を解決する映画もあったからね。
生活の中に根付いているということなんでしょうか。

で、この映画は瑞宗と首陽大君の時代。

主人公のキム・ネギョンは観相で殺人事件を解決したことから
重臣キム・ジョンソの目に留まり仕官、そして王の密命を受ける。
それは逆賊の相を持つ王族・臣下を見極めること。
でも策略に騙されて、首陽大君の叛心を見抜くことが出来なかった。

まあ、負ける方についてしまったんだから結末は悲劇になるのが当然ですね。
せめて息子は守ってほしかったけど、
宮廷で生き抜くには、二人ともあまりに無防備でしたね。

ところでこの時代、「インス大妃」の前半の時代なんですよね。
のちにインス大妃になるジョンは首陽大君が王になると予測して、
王妃になる野心を抱いてその長男に嫁いだ女性。
だからこの映画と視点が逆。

首陽大君は甥を補佐しようとするけど、
キム・ジョンソは彼を危険人物を見なして陥れようとする。
この映画ではイメージがぜんぜん違うので面白かった。
こういうところが歴史ドラマ・小説の楽しさですね

驚いたのは端宗。
この映画でもインス大妃でもチェ・サンウ。
登場した途端に「あ、端宗だ」とわかったわ。

そういえばジニョンが仕官するまでイ・ジョンソクだって気が付かなかった(^_^;)

余談
70歳まで生きる人相なのに、運命と違って殺されてしまう。
それなら70歳まで生きる相ではないんじゃないかと思うんだけど。
そういう突然の奇禍を予想するのが占いじゃないんでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. ◆【韓国映画】
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<韓国ドラマ「上流社会」 | top | 邦画「誘拐報道」(1982年)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/316-394596b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。