kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国ドラマ「善徳女王」5話 :: 2010/04/20(Tue)

ソファは自ら綱を切ってアリ地獄へ沈み、チルスクも砂嵐に埋まる。
でもトンマンは助かってるから、チルスクも生きていそうだけど・・・

そして商人の一行はローマへ。トンマンは鶏林(けいりん)へ向う。(桂林かと思った)
この西域のシーンは好きですね。月牙泉かしらね。映画みたいですね。

新羅ではヨンスが真平王を補助するために太子の地位に着こうとしている。
でも真骨のヨンスが太子になることには臣下は納得しない。
そこで、臣下を納得させる功績をあげるために戦場へ出て行った。
このドラマの戦闘シーンは迫力あるわ。

でもミシルの謀略で戦死。
ヨンス公、思いっきり死亡フラグを立ててましたね・・・

チョンミョン王女は真平王から、
「北斗七星が8つになる時、ミシルに立ち向かうものが現れる。それがそなただ」と
言われて、ミシルに立ち向かう決意をする。
でもそれってトンマンだよね、きっと。また「運命の子」かな。

王女は尼僧になるといって宮殿を出て、ヨンス公との子・チュンチュを出産。
その後、国仙ムンノを探しに出る。

その頃、トンマンもムンノを探して鶏林(けいりん・新羅)に着いていた。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 善徳女王
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<韓国ドラマ「善徳女王」6話 | top | 韓国ドラマ「黄金の新婦」64話(終)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/85-35b4966b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。