kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国ドラマ「善徳女王」9話 :: 2010/04/20(Tue)

この回で、一気にみんな大人になりました。
花郎の面々も初々しい少年だったのに、すっかりおっさんお兄さんになっちゃって。
ユシン郎はトンマンより年下なのか。びっくり(笑)

今回はいよいよ出陣の巻なのに、あいかわらず揉め事ばっかり。

龍華香徒への嫌がらせは続いていて、特に狙われているのがトンマン
女連れのソップムたちと行き会って、因縁つけられた。
ソップムと青龍翼徒(チョンニョンイクト)はガラ悪いわね。
本当にチンピラレベルだよ。

名誉を汚された花郎は、その相手に真性比才(チンソンピジェ)を申し込んで
名誉を守ることになってるらしいけど、
自分の郎徒に、まだそれだけの力がないことを知っているユシンは郎徒たちの自制を求める。

でも、なんとか龍華香徒をつぶしたい何者かが、青龍翼徒の旗を汚す事件が起こる。
わざわざ鉢巻落としていくなんて、みえみえの策略なのに、簡単に引っかかるのね。
ま、そのためにやったんだろうけど。
侮辱されたと思い込んでる青龍翼徒は、ついに龍華香徒に真性比才を申し込む。
これは受けなければならない決まりだった。

いよいよ真性比才の日、チュクパンとコドは前夜に逃げる相談してたのに、
ちゃんといるではないか、思ったら寝坊したのか(笑)
あやうし龍華香徒というところで、情勢急変。

百済が攻め込んできたという。
ハジョンが出陣してたけど、あっけなく負けたらしい。
ハジョンは本当に出陣してたのか、新羅もなかなかチャレンジャー(笑)
当然、ハジョンでは勝てず、速含城は陥落。
勢いづいた百済軍は徐羅伐に向って進軍中。
急遽、ソルォンを兵部令(ヒョンブリョン)として、出陣が決まる。

国家存亡のとき、対策を「お急ぎください」というミシルの進言に、
真平王は「どうしたらいいのだ」って!
もう何の権限もないのね~

ソルォンに助言するミシルは、なんか企んでるわね。
というか、いろんな勢力がキム・ソヒョンとユシンを陥れようとしてるらしい。

戦場でもユシンは郎徒とも離されて、一人だけソルォンの元で速含城攻めに加わることに。
わ~、あぶない~~

そういえば、チョンミョン王女とトンマンは、こっそり会ってるのね。
王女はトンマンのことも頼りにしているみたいです。
人を見る目はあるらしい。

出陣するユシンにもトンマンのことを頼んでましたね。

彼を助けて
そして そなたや郎徒たちも 生き残って もっと強くなって
そして そなたと郎徒たちで 私を支えて


イケメン軍団を率いる王女という立場はかっこいいけど、
十花郎が美しいかはどうかは、ちょっと・・・(笑)

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 善徳女王
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<韓国ドラマ「善徳女王」10話 | top | 韓国ドラマ「善徳女王」8話>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/89-ef812cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。