kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国ドラマ「善徳女王」14話 :: 2010/04/20(Tue)

ついにサダハムの梅が到来。なんかあやしげな符号よね。

そして使節団には、あのチルスクとソファが~~

チルスクは助かってるかもしれないと思ってたけど、
ソファも生きてたのか。よく掘り出したわね。
でも、ソファが自分で切った綱はもっと短かった気がするんだけど(笑)

「サダハムの梅」の正体はあっという間に判明。
ものすごく怪しい取引をしてたから、もっと怪しいものかと思ったら、順当な品でしたね。
古代においては、たしかに重要なもの。真平王も欲しがっていたものね。
これがミシルの権力の源というわけなんですね。

サダハムの梅についてはソルォン・ポジョンだけじゃなく、
セジョン・ハジョンも知らされていないらしい。
すべてを知るのはミシルだけ。「ミシルは一人で充分です」

でも側近にはちゃんと飴も与える。おそろしく頭がいい。
それだけではなく感情もコントロールできる。
かっこいいわ~

でも「サダハムの梅」なんて意味深な名前が付いてたら、
誰だって知りたくなるよね。

そしてサダハムの梅の謎を探るためにチョン大人の部屋に忍び込んだトンマンが
見つけたのは、ソファの遺品(生きてるから遺品じゃないけど)と自分の本だった。

それはチルスクからチョン大人が託されたもの。
任務の報告と暇を告げる手紙と共にミシルの手に渡された。

チルスクの生還を知ったミシルはすぐに捜索を命じる。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 善徳女王
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<韓国ドラマ「善徳女王」15話 | top | 韓国ドラマ「善徳女王」13話>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/94-9cf5d565
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。