kigiのTV日記

韓国ドラマの感想を書いていますが、ツッコミ系です(;^^A




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

韓国ドラマ「善徳女王」15話 :: 2010/04/20(Tue)

トンマンはミシル一行を尾行して捕まり、ミシルの元に連行された。
そこでトンマンが見たのは、ミシルの手元にある自分の本。
驚愕するトンマン。
ミシルもトンマンの態度に不審を持ったみたいだけど、
それは見慣れぬ文字で書かれた書物をサダハムの梅と勘違いしたものだと思ったのね。

すぐに開放されるトンマン。「すぐ殺すのは惜しい」というミシルは、
本当に人材登用が権力維持に大切なことをご存知。

トンマンが本を見て驚愕した真の理由は気付かれなかったけど、
ミシルはトンマンの説く正論に反感を感じて、
トンマンを王女派から引き離すべく離反工作を始める。

でもトンマンはミシルの策略をすぐに見抜いて(あの本に書いてあった)、
それを逆手に取り、ミシル陣営に潜入することを計画。

その策は見抜かれてたみたいだけど、ラテン語に通じていることを知られて、
書物の解説をすることになる。

チルスクは山に入る直前で捜索隊に見つかり、ミシルの元に戻ることに。
ソファも同行してるし、これは複雑。
大丈夫かな。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 善徳女王
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<韓国ドラマ「善徳女王」16話 | top | 韓国ドラマ「善徳女王」14話>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ivorycat008800.blog102.fc2.com/tb.php/95-784b48f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。